第29回 国際 文具・紙製品展ISOTに行ってきました

東京ビッグサイトで開催されていた、文具・紙製品の見本市(ISOT)を見に日帰りで行ってきました。

ISOTは国内外のメーカーとバイヤーやオーナーをつなぎ、仕入れや買い付けといった商談のための見本市で、ビッグサイトの広大なスペースに様々な文具メーカーが新製品やコンセプト品等が展示され、説明を聞きながら直接見て触ったり、実演を見ることができます。
(商談の場なので基本的に業者関係者のみで、原則18歳未満入場不可となっています。)

私の場合は店頭にて木のペンと合わせて展示や販売ができそうな製品探しと、何よりいろいろ見ることが目的でした。

フオーワテックジャパンさんの細かい切り抜きマスキングテープ
この細かい切り抜きに更に箔押しまでした製品もありました。

真鍮製の竹尺(Cohanaさん)

イトマンさんの様々なデザインのトイレットペーパー

マカロンに見立てたメモスタンド

お皿の上も全部付箋(クルーシャルさん)

ZEBRAさんではSARASAは中芯人気ランキングやってました

呉竹さんではプロの方によるポストチョークのデモが

CARLさんのブックエンド
よく考えられているブックエンドで個人的にほしくなりました♪

ちなみにこの見本市にて、日本文具大賞の発表や表彰も行われ、今年度の大賞はOLFAさんの『キッター』という子供用カッターナイフでした。
私も実物に触って見ましたが、子供用によく考えられた商品で刃の露出が必要最低限で、替刃式カッターの基本的な使い方を学びながら紙を切ることのできる製品でした。
発売は先行販売が8月上旬からだそうです。
>>キッターの公式サイト

その他にもTwitter等のタグで#ISOTを検索すると会場に行った方たちの様々な画像や情報が出ますので、ご興味のある方は検索して見てください。

また、ISOTと同時開催で、ライフスタイル総合EXPO(各種雑貨、インテリア等)、販促・マーケティング総合展が行われ、一通り見て回り興味のあるものやサービスを見たり、話をすることが出来ました。

毎年ビッグサイトで行われている見本市で前々から見に行きたかったけど行けなかったイベント。今回は高速バスの始発で東京に向かい、ビッグサイト内を一日中歩き回り、最終で長野に帰る強行軍でかなり疲れましたが、いい刺激になりました♪

シェアする

フォローする