本当の森の中へ

当店を含む木地師の里の家々には水道とは別に、土地の高低差を利用して山水をひいてきており、大抵どの家の前にも流し等を設置し生活用水として山水を使っています。
そしてその山水を運ぶパイプは砂利や落ち葉で時々詰まってしまうため、各家が交代で維持管理しており、私もメンテに行くのですが、そのたびにカメラを持ってくればと思っていまいた。
と、そんな時、丁度我家が当番の時に水が出なくなり、お向さんと一緒に『山奥』へメンテに行くことになったため、チャンスとばかりにカメラを持って行ってきました。
_NFX1301.jpg
D700 28mm f8


ただでさえ標高890mの山の中の我家から更に『山奥』
当然のことですが、民家などなく、登山道もない、ケモノの住む、『本当の森の中』です。
_NFX1306.jpg
D700 28mm f8
のびのびとした自然の世界が広がっていて、とても美しい場所…カメラを持って行きたかった理由も分かっていただけるかと思います。
_NFX1298.jpg
D700 28mm f6.3
なお、パイプは案の定、砂利で詰まっていただけだったのですぐに治りました♪
注:大抵このような場所は蛇や熊等の動物や崖や急斜面等様々な危険がありますので、素人は絶対に入らないで下さい。

シェアする

フォローする

コメント

  1. 夕暮  より:

    緑が綺麗ですね。
    Kazuさんも蛇と熊に気をつけて下さいね。

  2. kazu より:

    滅多には入らないし、色々とそれ用の防護策をこうじての山入りなので確率は低いですが、0ではないんですよね…熊にはち合わせしたらと思うとぞっとしますね。