秋の京都・京都御所

二日目は特に行く場所を決めていなかったんですが、丁度京都御所が秋季一般公開だったので、行ってみました。
NFX_8053.jpg
D700 24mm f8


想像はしていたんですが御所の中は非常に広く、また沢山の観光客でした。(まだ平日だったので良かったとは思いますが)
歴史を感じる宮中の建築物はどれも先人の知恵の塊のような造形をしており、大昔にこれだけの巨大な建造物を作ったことにただ驚くばかりでした。
そしてその中でも紫宸殿は特に荘厳で存在感があり、圧倒されてしまいました。
NFX_8013.jpg
D700 24mm f8
ちなみに紫宸殿は大正天皇と昭和天皇が即位礼を行った場所だそうです。
NFX_8017.jpg
D700 24mm f8
紫宸殿の左右にはそれぞれ左近の桜、右近の橘が植えられていて、こちらは右近の橘です。
NFX_8023.jpg
D700 24mm f8
更に奥へと進むととてもきれいな御池庭が♪
それにしても、ぐるっと見て回っていて、気づいたんですが、宮中の植物って常緑樹が多いですね。落ちず常に青い葉の永遠性の縁起からだとは思うんですが、ちょびっと色の変化が少なく寂しくも感じました。
いや、それでも素晴らしいお庭にはかわりないんですけどね。
NFX_8048.jpg
D700 24mm f8
ということで、かなり広い京都御所をぐるっと一周して、その後は錦や河原町の方へおみやげやら買いに行って、帰路につきました♪

シェアする

フォローする