桷と白ウォルナット

ようやく木の名刺入れをネットストアにて販売開始しましたが、実は製作段階でちょっと変わった木が紛れ込んでいました。
KN0_8621-2.jpg
桷と白ウォルナット
どちらも製作時に紛れ込んでたので、ついでに作っちゃうか♪ってな感じで作ってしまった樹種なんですが、出来上がってみたら以外におもしろかったのでご紹介…


KN0_8623.jpg
桷はリンゴ属の野生種でコナシと呼ばれたりしています。木材としては、緻密で丈夫なため、細工物に使われている材で、実際扱った感じではかなり重くしっかりしていて丈夫な感じはしました。
木肌は樺や橅のような散孔材なんですがやんわりした木目があります。
白ウォルナットは、辺材ではなく元々白かったものです。オニグルミかとも思ったんですが、色味的に違うので、単純にブラックウォルナットの色の薄いところだったみたいです。
また、ただ白いだけだったら面白くもないので作らなかったんですが、この白ウォルナットは木目も面白かったので制作♪
KN0_8624.jpg
どちらもウォルナット
通常のウォルナットと並べると色の違いが一目瞭然です。どちらが良いかというと黒い方なんだと思いますが、木目も面白いしコレはコレでありなんじゃないでしょうか(^^)
なお、桷は2個、白ウォルナットは4個のみ制作で価格は通常品と同じです。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
>>通常の木の名刺入れのストアページ

おまけ:意図的に桷によみがな振ってませんが皆さん読めましたでしょうか??

シェアする

フォローする