SORELのスノーブーツ

冬の山奥く生活で欠かせないのは、防寒対策…特に靴は冷たい地面に近いのでちゃんとしたのを使いたい所…今までは、アウトドアメーカーの靴をずっと履いていたんですが、防寒仕様って書いてあっても、溶けた雪が染みてきて冷たかったりして、イマイチだったんですね。
冬用の靴に関しては雪対策ができているのが大前提で、ちゃんとしたスノーブーツがほしいと昨年夏ごろからあれこれ探してたどり着いたのが、カナダのブーツメーカーSOREL。
P1162101.jpg
嫁ちゃん、親父、自分と三つ購入


SORELはいわゆるスノーブーツの先駆けとなるメーカーで、有名なのはカリブーというブーツ。
と言うことで、我家では3足購入したので、それぞれを紹介♪
P1162100.jpg
カリブー
親父用に購入したのは、SORELが1960年代から、ほぼこの形で販売している代表的ブーツのカリブー。
足回りの生ゴム+防水レザーアッパー、脱着式のインナーブーツ(ウール)で暖かく湿りにくい、−32℃までOKで、インナブーツも別売りしているので、上手く使えば10年くらいもってしまう優れもの。
ただ、オヤジ曰く、インナーソールがきつくて脱ぎ履きしにくいのがネックなのだとか…
P1162103.jpg
コールドマウンテンジップ
カリブーもいいなぁと思ったんだけど、普段から靴の脱ぎ履きが多い自分にはカリブーよりジッパーで簡単に留められるようになっているコールドマウンテンジップを…
足回りの生ゴム+撥水スエードレザーアッパーでくるぶしの上くらいまでのショートブーツ。
インナーブーツはありませんが−32℃までOKとのこと。
今の時期はほぼ毎日履いていますが、いままでのワークブーツが何だったの?ってくらい快適♪
ただ、さすがに工場で、座り仕事を長時間する時は全く足を動かさないのでつま先が冷えてしまいます。(そんな時はつま先用カイロで何とかしのいでいまがw)
P1162098.jpg
ティボリ
(写真はだいぶビビットになっちゃってますが実際はもうちょっと落ち着いたアイボリー系の色味です)
暖かい関西から来た嫁ちゃんは冬用の防寒靴を持ってなかったので購入。
足回りの生ゴム+撥水加工が施されたアッパー(一部レザー)で、かなり可愛い感じですが、−25℃までOKで防水性防寒性バッチリ。
上2つに比べると小さく可愛い感じですが、まぁ男衆とちがって寒い外や工場に出ずっぱりというわけでもないし、チョット外を歩いたり、近くに出かける時用なので、これで必要十分♪
と言うことで今シーズンから使い始めてるSORELのスノーブーツ達、雪国で生活してるなら一足ぐらいどうでしょう?
ちなみにここのブーツを購入する場合はワンサイズ上を買っておいたほうがいいみたいです。
SOREL公式サイト>>
スノーブーツ選びで参考になったページ↓
うるしのうつわ うたかたの日々の泡>>
(余談ですがリンク先のブログ、スノーブーツ調べてたらたまたまたどり着いたんですが、よく見たらtwitterでフォローしてる漆器屋さんだったので世間の狭さにびっくりでしたw)

シェアする

フォローする