富山の母校の卒展を見に行って来ました

先日、富山へ行って来ました!
目的は色々あったのですが、そのうちの一つ、母校、富山大学芸術文化学部(元・高岡短期大学)の卒業・修了制作展を見て来ました。
P3222185.jpg
開催場所の高岡市美術館に卒業生の力作が沢山展示されていました。


P3222187.jpg
クマの銅像かと思ったら
P3222188.jpg
机になっていました
P3222191.jpg
親子用ベンチ
安積野のちひろ美術館にもこんな感じの絵本読み聞かせベンチがあったのですが、もう2〜3年しないうちに嫁さんに『作って♪』って言われそうですw
学生が一生懸命作った作品達ということもあり、どれも力作ぞろいでしたが、私が大学にいた頃と大学再編や時代の流れで方向性が変わったこともあり以前の工芸色の強いものより、芸術作品や総合的な作品(プレゼンや企画等)が増えた様に感じました。
そういう意味では、少し寂しくも感じましたが、作品の幅が広がりどれも見ていて楽しく、これからものづくりで食べていこうと思うと、人に伝えアピールするプレゼン能力、発信力というのはかなり重要だと身にしみているということもあり、いい勉強してるなぁとしみじみ思いました。
(もちろん技術が伴っていてこその発信力ですが)
ともあれ、学生の作品と言うのは色々な刺激がもらえて楽しかったです(^-^)
*今年度の富山大学芸術文化学部卒業・修了展は3/24日終了しています。
>>富山大学芸術文化学部のページヘ

シェアする

フォローする