ちょっと変わった花火の撮り方

前回の設定で大体の花火は綺麗に撮れますが、同じような写真になってしまいがちなので、ちょっと遊んでひと味変わった花火の写真はどうでしょう?
色々と撮影中にやることが多く忙しいですが、面白い写真が撮れるので是非挑戦してみてください。
KN1_4835.jpg
まずは、いがぐりのようなトゲトゲ花火の撮り方。


最低限必要な物が、カメラ以外に三脚とリモートレリーズ
(前回の通常の花火撮影ができる道具があれば問題なし)
設定
マニュアルモードでホワイトバランスは太陽光に固定
ISO感度:100(なるべく低く)
F値:なるべく低くしておいた方が面白い
シャッタースピードはBULB(レリーズボタン押している間シャッターが開きっぱなしの設定)
撮り方
1、あらかじめピントを思いきりずらしておく
2、右手リモートレリーズ、左手レンズのピントリングに添えっぱなし
3、花火に合わせてシャッターを開くとともに、ピントリングを無限遠まで回してピントを合わせる
4、ピントリングを回しきったところで、シャッターを閉じる
*3,4は花火に合わせての作業で場合によっては1秒もなかったりするので忙しいです。
*シャッターを開いている状態でピント合わせをする必要があり、当然ファインダーは真っ暗&レンズの表示も暗くてよく見えないので、ピントリングの無限遠の位置は感覚で合わせる必要があります。
写真の理屈としては、花火が開いた瞬間はピンぼけの状態で、花火がひろがっていくのに合わせて、ピントを合わせていくため、トゲトゲの軌跡になるというわけ。
ちなみに最初はピントを合わせておいて、花火に合わせてピントを外しても面白い写真が撮れます♪
ということで、広瀬の花火大会で撮った写真をいくつか↓
(余談ですが、しっかり酔っ払って撮ったせいか、以前、時又の花火大会で撮った時のが上手く撮れましたw)
KN1_4824.jpg
KN1_4839.jpg
KN1_4830.jpg
KN1_4827.jpg
そして今回はもう一つ変わった?花火の写真を♪
KN1_4810.jpg
簡単に説明すると、シャッタを開いている間にカメラを回してるだけなんですが、これが結構やってみると面白いんですw
設定は通常の花火を撮る時と同じ
マニュアルモードでホワイトバランスは太陽光に固定
ISO感度:100(なるべく低く)
F値:14くらい
シャッタースピードはBULB(レリーズボタン押している間シャッターが開きっぱなしの設定)
この撮影は三脚もレリーズボタンもいらず、手持ちで花火に合わせてシャッターを開き、広がるのに合わせてカメラ本体をグルっと回すだけ。
*まわす以外にも色々とやってみても面白いかもしれません
*つまるところ、度を越して手ブレしちゃえばそれはそれでアートになっちゃうってことですw
今回一番うまく撮れたグルグル写真↓
KN1_4812.jpg
ということで、ちょっと変わった花火の写真の撮り方でした〜!
なお、花火の写真は花火のタイミング等、運の要素もあるので、数撃ちゃ当たる方式でガンガン撮りまくると数枚は良いのが撮れるはずです♪

シェアする

フォローする