つらららら

先日の大雪、未だ交通マヒとなっている地域もございますが、幸いにも当店の辺りは元々雪の多い地域で、ご近所さんたちもそれぞれに雪掻きの機材があったりするため、一日で近隣の主な道路の雪掻きは終わりました。
もちろん掻いた雪は道路脇等にうずたかく積み上げられていて、中々溶けてはくれませんが…
KN1_6585.jpg
近所の小屋の屋根
さて、そんな雪が沢山乗っかっている屋根からは常に雪解け水がポタポタ落ちていて、つららがどんどん出来上がっていくので、そんなつららを色々と写真に撮ってみました。


KN1_6591.jpg
屋根から枝に伝って出来たつらら
KN1_6588.jpg
トタンの凹凸で不思議な形になったつらら
KN1_6629.jpg
トタン屋根から雪がずり落ちるのに合わせて変形したつらら
KN1_6610.jpg
芸術的な細さの曲がったつらら
KN1_6604.jpg
雫の落ちる瞬間
どのつららもそれぞれに個性的で、暖かい日差しにキラキラしていて綺麗じゃないでしょうか?
何気ない見慣れたものでも、よく見ると新しい発見があって面白いです。

シェアする

フォローする