岩村醸造の酒蔵開きに行ってきた

今月の1日に親父が行ってみたいと言っていた、岐阜県恵那市岩村町にある岩村醸造の酒蔵開きに行ってきました。

岩村醸造

この岩村醸造は『女城主』『ゑなのほまれ』といった日本酒が有名な酒蔵で、蔵開きに行けば、美味しいお酒が飲めるということで、ワクワクしながら酒蔵へ。
(帰りは嫁ちゃんに運転手をお願いしました)

店内中央のトロッコのレールを追いかけて奥へ

中庭ではお酒の仕込み水(天然水)を飲むことが出来ます♪

酒蔵の入り口で300円を支払い、試飲用のお猪口を頂いて、蔵開き会場へ…

会場内は人でごった返し

用意されているお酒は『女城主』と『ゑなのほまれ』の生原酒、更ににごり酒、辛口純米、杉樽酒の5種類♪
親父と親戚のおじさんと三人で乾杯してぐびぐびと色々試飲。

全種類ひと通り試飲しましたが、『ゑなのほまれ』の生原酒が一番甘みがあって旨かった♪

さて、せっかく酒蔵まで来たので、会場奥の酒蔵も見学。試飲会場の熱気とは打って変わって静か&ひんやりした蔵内にお酒のタンクが並べられ、社員の方に色々と説明して頂きました。

そうそう、酒蔵の入場時に支払った300円ですが、100円はお猪口代で200円はそのまま岩村醸造で使える商品券となっていたため、最後に有料の試飲で『大吟醸 生 雫酒 幻の城』を頂きました♪

大吟醸 生 雫酒 幻の城

味は非常に澄んでいてまろやか、かと言って水っぽくもなく米の甘みがある、さすが大吟醸と言った感じでした。

さてさて、岩村醸造の蔵開き、2月〜3月1日までの毎週日曜、祝日に行われているそうなので、ご興味のある方は、行ってみてはいかがでしょうか?
なお、会場内への食べ物の持込みは禁止となっていましたので、先にお腹をふくらませておくと良いかもしれません。
また、お車で行かれる場合、当然ですが飲んだら運転できませんので、必ず飲まない運転手を一人連れて行って下さい。
(岩村醸造の向かいは美味しいカステラ屋さんなのでそれで釣りましょうw)

>>岩村醸造のホームページ 

ちなみに、今の時期は全国の酒蔵で蔵開き等のイベントを行われているので、お住いの地域の蔵開きに行かれるのも良いかもしれませんね♪

シェアする

フォローする