NikonのD750を購入しました

今までD700を使用しており、特段不満らしい不満はなく…と言うかD700は私が文句言ったら怒られるスペックのカメラなんですが、色々撮っている内に色々と思うことがあり、D750を購入する運びになりました。

左:D750 右:D700

カメラの細かい性能は公式のホームページを見ていただくとして、D700からD750に切り替えた理由の最も大きな理由は『可動式液晶モニター』です。

D750の背面液晶モニタ

普段からローアングルで地面すれすれから撮ることが多く、当然ファインダーは覗けないし、モニターもあてにならなかったため、ほぼ目見当で撮って確認して撮り直すといったことをしていました。
お陰でカメラのアングルはある程度予想できるようになったんですが、いかんせんピントが…じっくり撮れるときはマニュアルで合わせてもいいんですが、動きものではそうも言ってられないので、連写で数撃ちゃ当たる方式だったりします(^_^;)

とまぁそんなことをずっとやっていたんですが、D750のモニターは可動式で上に向けられるため、そう言った際のアングルやピント合わせがちゃんと確認でき非常に楽なんだろうなと食指が動いちゃったわけです。
(Nikonを始め他メーカーでも可動式液晶モニターのついたカメラは販売されているのですが、フルサイズの一眼レフでは今のところこのD750のみの機能)

その他の細ところでは、シャッター音の静音モードが有ること(D700はシャッター音が大きいことで有名だった)や、動画撮影に強いこと。
WiFiを内蔵しているため撮った写真をスマホで確認して、取り込んだり出来るようになりました。

とくにスマホで確認し指定した画像を取り込めるのは、普段から使っているインスタグラム等のSNSへの投稿写真にその場で使えるためありがたいです♪
*ちなみにスマホで取り込む際は、基本的に画像ファイルの大きさを圧縮しての取り込みのため、オリジナルデータを取り込みたい方には不評なんですが、気軽な投稿を前提に使っている私には必要十分だったりします。

インスタグラムにもアップした妻籠宿のネコ
(地面すれすれのローアングルから)

そんなわけで、発売当初から悩んでいた、D750を購入したので、これからはこいつで色々と撮っていこうと思います。
ちなみにD700はというと、下取りも考えましたが、親父が欲しいということで安く譲りましたw

シェアする

フォローする