全国新作花火競技大会2010

先日の9月4日に諏訪湖へ全国新作花火競技大会を見に行ってきました。
この新作花火大会は、全国の若手煙火師が、従来の枠にとらわれない斬新な発想と独創の技術で創作した芸術性の高い新作花火を競う大会だそうで、一発ずつ非常に凝った花火の上がる大会として有名です。
また、諏訪湖は中央に花火打ち上げ専用の人工島があったり、湖畔全周を山に囲まれている地形によるフライパン効果で花火の爆発音が凄まじかったりと、打ち上げにも観覧にも日本屈指の立地だったりします。
大会は7時から一時間半、総打ち上げ数17000発、競技花火の間に時々スターマインを挟むプログラムで毎年30万人くらいの人出という規模です。
ということで今回もたくさん写真を撮ってきました♪
オープニングのスターマインから
NFX_3468.jpg
D700 35-70mm f13
競技花火(ごく一部)
NFX_3544.jpg
D700 24mm f11
NFX_3487.jpg
D700 35mm f14
写真のように一発で非常に芸の細かい花火が沢山見られるのが新作花火大会の醍醐味!
NFX_3577.jpg
D700 24mm f11
そして、競技の間にはさまれているスターマインにも圧巻!!


NFX_3585.jpg
D700 24mm f11
NFX_3570.jpg
D700 24mm f11
NFX_3537.jpg
D700 24mm f13
あまりの迫力と美しさにすごいとしか言いようのない時間を楽しむ事ができました。
そして大会ラストを飾るのは特大水上花火のスターマイン『Kiss of Fire』
毎年ラストに上げる、とんでもない爆音と迫力が迫り来る諏訪湖ならではの大物花火!!
NFX_3602.jpg
D700 24mm f11
横向き写真だとちょっとインパクトに欠けますが、他のどの花火より大きかったです。
諏訪湖には8月と9月、それぞれに大きな花火大会があり、特に8月の花火大会は日本屈指の規模を誇り打ち上げ数も40000発ととんでもない化物花火大会なのですが、人出が50万人(諏訪の人工は5万人)でチケットも中々取れなかったりととても混雑する上、仕事が忙しい時期にかぶっている為見にいったことはありませんが、規模が半分(人出は30万人)でも細工の細かい花火をじっくり楽しめる9月の新作花火大会、おすすめです♪
諏訪湖花火大会ウェブサイト>>

シェアする

フォローする

コメント

  1. 夕暮  より:

    どれもとても綺麗な花火ですねっ!!!
    F11、13でシャッタースピードはどれくらいなんですか?
    やっぱり三脚使用でしょうか?
    すごいなぁ~

  2. kazu より:

    夕暮さん
    シャッタースピードはバルブに設定してリモートレリーズボタン使ってたので大体ですが3~5秒くらいだと思います。(花火のタイミングでシャッターを切る感じ)
    もちろん三脚も使ってましたよ!
    花火撮るにはリモートレリーズボタンと三脚は必須です。
    というか道具さえちゃんと揃っていればあとはタイミングだけで意外と簡単に撮れちゃいますよw