花火と全天球カメラ

全国各地で花火大会真っ盛りですが、皆さんは見に行かれましたか?

花火を見に行くと写真やムービーを撮りたくなってとりあえずスマホを取り出す方が多いですが、あれこれ写真撮ってるとスマホではとても満足できずあれこれやるようになります…

いつもは一眼レフであれこれ設定をいじって楽しんでいましたが、今回は全天球カメラでムービーを撮ってみました。

カメラの設置向きが客席側だったので、再生してから180°回すと花火が見えます。
多分VRモニターなんかに繋いでみるとそこにいるような感覚で楽しめるんじゃないでしょうか?

なお、カメラ用の三脚の上に一脚を取付その上にTHETA(全天球カメラ)を載せており多分地上から2mくらい?の位置からの撮影です。
注意:田舎の比較的余裕のあるスペースで、花火の打ち上げ箇所が近いためほぼ真上に打ち上がるから出来る位置取りで、人の多い場所では非常に邪魔なので、真似する方は周りをよく確認して行ってください。

THETAで撮影した動画を編集するとこんな感じのもできます↓

全天球カメラでの撮影はまだまだトライアンドエラーで実験的なことばかりやってますが、非常に面白いですね♪
特に子育世代におすすめで、子供とその周りの景色、親もしっかり入るので子供が大きくなった時に見せるのが今から楽しみです。

ちなみに、普通にきれいな花火の写真は機材さえあればそこまで難しくないので、一眼レフを持っている方は是非挑戦してみてください!
以前書いた記事>>花火の写真の撮り方

シェアする

フォローする