のんべぇ日記~本元・ふなくちしぼりたて無濾過無調整生原酒~

成人の日…というわけで?お酒のご紹介w
毎年年末に届き、大晦日~新年にあける地元、湯川酒造の季節限定酒『本元』
NFX_8670.jpg
本元・ふなくちしぼりたて無濾過無調整生原酒
湯川酒造は日本一標高の高い(海抜1000m)の酒蔵で、木曽にも色々と地酒があるんですが、私はここの酒蔵がお気に入りです♪


さて、この本元、無濾過無調整生原酒と書いてあるだけに、一本一本に詰め日とアルコール度数が違い微妙に味が違うため、それぞれの瓶にロットナンバー、詰め日、アルコール度数が書かれています。
ちなみに今回のお酒は度数が19.8度もありました。(通常の日本酒は16度程度)
度数が高いので、冷でいきましたが、それでも原酒らしく米の甘みが濃厚、そして搾りたて特有のフルーティなスッキリした味わい、雑味もなくシャキッとした深い味わいで、とにかくおいし~い(*´∀`*)
度数が高いのにそれを感じさせない甘みが魅力でついつい飲み過ぎてぐでんぐでんになってしまうこと請け合いのお酒です。
ただ、今回は残念ながら、年末年始に胃腸風邪こじらせてしまい、私はあまり飲めませんでしたが(結果的に珍しく正月に元気でしたw)やっぱり美味しかったです♪
我家にはもう一本、本元があるのでそのうちあけて楽しもうと思います。
ちなみに、この『本元・ふなくちしぼりたて』新酒の今の時期であればまだ販売しているので、酒好きの方は騙されたと思って買ってみてください。絶対においしいですから!!
>>湯川酒造のウェブサイトへ
にしても、最近は同世代でも日本酒を好んで飲む方は少なくなっていますが、思うに、本当に旨い酒を出してくれるお店が無いからじゃないかと思います。
実際、居酒屋さんに行っても、チェーン店なんかの日本酒は飲めたものではないものが殆どだし、並のお店でも名の知れた当たり障りの無いお酒くらいしか扱っていない…なんてことが多々。
日本各地にそれぞれ旨い地酒があるんだから、そういうのもっと出せばいいのにといつも思います。
炭酸がぬけることもなく、ゆっくりじっくり飲める日本酒っていいと思うんですけどね~。

シェアする

フォローする