アクアパーク品川へ行く

先日東京での結婚式の翌日、宿泊したホテルから『アクアパーク品川』(水族館)が直結していたので、子供達と行ってきました。

アクアパーク品川入り口

最初の方は水槽にタッチパネルが内蔵されているみたいで、タッチすると説明が出たり、墨で真っ黒になったり子供達が触りまくっていました。

ジェリーフィッシュランブル
全体的に暗く壁と天井がガラス張りのフロアにクラゲに水槽いっぱい。
ライトアップされた水槽内に漂うクラゲが幻想的で『フォトジェニック』な空間でしたw

写真を撮れと言わんばかりの四角い水槽があったりしました。

2階に移動すると、巨大なアクアリウムやアクアリウムの回廊、イルカショーのスタジアム等が♪

開館と共に入ったこともあって、順路を巡るとちょうどアシカショーが始まり、少し間をおいてイルカショーも♪

以下全天球写真(イルカショー直前で非常に空いてて撮りやすいタイミングで)

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

アクアパーク品川2 – Spherical Image – RICOH THETA

子供達がとても喜んで楽しそうにしていたので、いい思い出になったんじゃないかなと思います。

シェアする

フォローする

コメント

  1. そーら より:

    すみません、栗の木は、どのように経年変化するでしょうか?そして経年変化は、大きいですか?

    • kazu より:

      そーらさん
      栗の木はタンニンに強く反応し黒くなる性質があるため、経年変化は使う方の体質や使う環境に大きく左右される材です。
      そのため、飴色になる場合もあれば、真っ黒になる場合もあります。

      • 匿名 より:

        ありがとうございます!栗の木は、面白い材なのですね!使い込むのが楽しみです。