初期型の欅のシャープペンシルの修理

今回の修理品は10年以上ご愛用の初期型のケヤキのシャープペンシル。
洗濯をしてしまったとのことで木部が白くなってしまったのと、クリップが折れてしまったとのことで木部の研磨と部品交換で対応です。

木部が白くなってしまったとのことでしたが、それでも元々の欅の色に比べたらかなり濃い色に経年変化していました。
丁度良くと言っては失礼なんですが、破損したクリップ下の部分は手に触れることがないため経年変化が少なく、色の変化の具合がわかりやすく比較できました。

クリップだけの交換でも改善出来たのですが、長年のご使用にてあちこちボロボロだったため全交換に。
ただ、初期型シャープペンシルの金具はゴールドしか残っていないため、金具の交換はゴールドのみ交換対応が可能なため、ゴールドに変更です。
また、天冠の部品が殆ど残っていないため、基本的に再利用となりました。

木部の研磨及びオイルの塗布、金具交換で復活した欅のシャープペンシル。
洗濯前はもっとテカテカだったのかもしれませんが、かなり良い色になった欅のシャープペンシル、お客様のお手元へ戻っていきました。
これからも長くご愛用いただけたら幸いです。

初期型ボールペンはすでに部品の在庫が底をついてしまっているため対応できない状態ですが、シャープペンシルはゴールド金具のみ部品があり修理対応可能です。
*初期型ボールペンの故障の場合でも、シャープペンシルへの部品の交換は可能です。

*修理費用は基本料が800円(当店からの返送料含む)となり、部品交換が必要な場合は別途1080円となります。

現行のシャープペンシル下記ページをご確認ください。

http://blog.nohara.jp/3108