平等院・鳳凰堂へ行ってみたのだけど…

宇治旅行の続き。
お茶屋さんで一休みして、平等院へ、10円玉の表に描かれている鳳凰堂を見るために行ったのですが

KN1_3795.jpg
平等院入り口


入り口の受付の説明にて、鳳凰堂は屋根の修復工事中で外観は見えなくて、鳳凰堂内部の拝観も出来ない状態とのことorz
がっくりしつつも、折角ここまで来たし、通常の半額(300円)で国宝の大半を展示している平等院ミュージアム鳳翔館や庭は見られるとのことで、行って来ました。
入り口から入って少し歩くと右手に見えてきたのが鳳凰堂…にかけられた仮設素屋根…
KN1_3797.jpg
十円玉片手に心の目で見てみよう
KN1_3800.jpg
蓮の向こうに鳳凰堂…を想像してみる
個人的には、修復中の内部というのがどんな感じでどうやって直していくのか職人として非常に気になるところでしたが、部外者が見られるわけもなく、残念。
ということで、見事に何にも見えない状態に笑うしかなかったですが、平等院ミュージアム鳳翔館に展示されている国宝の展示は圧巻で通常の半額、しかもほぼ貸切状態で見られたのはある意味ラッキーでした♪
平等院・鳳凰堂は来年の春には修復工事が終わり、一般公開が再開されるそうなので、来年以降にまた行こうかと思います。

シェアする

フォローする