超特上黒柿孔雀杢をちょっと切り出す

たまには、使わなきゃなと思いたち、特級品の黒柿を倉庫から引っ張り出してみました。

この材は2010年に仕入れたものを挽き割ったもので、見てのとおり、非常に細かい孔雀模様に緑の筋も浮かんでいる文句なしの超特級品です。
ただし、ちょいちょい干割れが入っているので、そのまま板としては使えず細かく刻む必要があり、結果的にペンに丁度いい材となります。

ということでペン用に角棒に挽き割り。
角棒の一本をインスタのムービーでアップしたので見てみもらうと、どんな杢かわかります。

仕事が立て込んでおり、合間でこういった材を引っ張り出したりしているので、ものになるのはまだ先になりますが、今から出来上がりが楽しみですね♪

コメント

  1. 井上 より:

    こちらのペンは出来上がり次第、店頭に並ぶと言う感じでしょうか?その場合、店頭に並ぶ告知などありますでしょうか?

    • kazu より:

      井上さん
      特に告知はありませんが、店頭にてスタッフにお声がけください。
      在庫があればお出しいたします。

  2. 門田 より:

    現在、店頭に伺わせて頂く段取りをしています。
    もし、在庫がなかった場合、その場でお支払いだけして、完成次第、郵送をしていただくことは可能でしょうか?

    • kazu より:

      門田さん
      ご検討いただきありがとうございます。
      ただ、店頭品のお取り置きやご予約は対応いたしかねます。
      ご希望に添えず申し訳ありませんが、ご了承ください。

  3. 大久保 より:

    いつごろ出来上がるでしょうか?