御蔵島の島桑が入荷

現在国内産の木材の中でも特に入手が困難になってきている島桑。
運良く昭和の時代に御蔵島からやってきた島桑の半割れを2枚手に入れることができました。

材木屋さんの倉庫に私が生まれる前から眠っていた材らしいのですが、島桑らしくいかにも硬そうな引き締まった木目をしています。
色目は本州のヤマグワに比べ青白い黄色でところどころ黒い筋が入っています。
(本当かどうか知りませんが材木屋さん曰く、黒い筋が島桑の特徴でこれがないと信用されないとかなんとか…)

半割れの材ですが白太部分は無く、ペンにするには充分な大きさ♪

またペンに加工したらご紹介させていただきます。