栗の瘤を仕入れる

先日の市場に出ていた栗の瘤を仕入れました。

仕入れてすぐ梅雨入り、コロコロ変わる天気を見ながら晴れたタイミングで、高圧洗浄機で皮を剥ぎました。

一山で仕入れたので、瘤の切れっ端から板のものまで、全面に瘤が出ているわけではないですが、板目面にも杢がノッているので御の字です♪

ただ、瘤材は乾燥時干割れが非常に入りやすく、最初から表面にこんな感じで割れがピシピシはいっています。
対策はいくつかありますが、基本的にじっくり時間をかけて乾かしていかないと行けないので、当然ですが、製品に出来るのは数年先です。