椅子の座面がボロボロだったので交換してみた

高山にいた頃、務めていた飛騨産業にて購入した、椅子(MK266)の座面がボロボロになってきたので交換しようと思い、高山時代の同僚に電話して座面だけ送ってもらいました。
KN1_0026.jpg
摩耗してほつれてきた座面
作業は、椅子をひっくり返してとめているネジを外して取り替えるだけだったので、数分で交換完了…


KN1_0029.jpg
鮮やかな青い座面に交換
元々アウトレットで購入したため、座面の色は選べなかったんですが、交換を機に鮮やかな青色の座面に…
KN1_0024.jpg
青色がアクセントに
部屋全体が暖色系なので座面の青が栄えてイイ感じになりました♪
ちなみに、この『MK-266』は、昭和32年に飛騨産業が販売して爆発的に売れた『C-66』の復刻版で、コンパクトで可愛らしく、かと言って安っぽくないデザインが気に入ってます♪
肝心の座り心地もよく、おまけに結構軽いため、お掃除の際も簡単に移動できてオススメw
座面も交換したし、まだまだ当分は使うぞ〜(´∀`)
>>飛騨産業のMK266のページへ

シェアする

フォローする